八柱皮膚科 金ヶ作,松戸市,八柱駅,新八柱駅 皮膚科・形成外科・アレルギー科

形成外科

当院では年間160例以上の局所麻酔(注射による部分麻酔)による手術または皮膚生検を行っています。 また、そのうち120例以上の病理組織検査を行い、その中には数例の皮膚癌も早期発見されています。

 

ほくろ

 ほくろは部位、大きさ、形などにより切除方法が変わります。
ほくろは皮膚の奥(真皮)にも入り込んでいるためYAGやルビーなどのいわゆるシミ取りのレーザーでは取れません。
炭酸ガスレーザーでくりぬいたり、メスを用いて切除したりします。手術の方法は、そのほくろの大きさや部位など様々な条件により適切な方法を選択させていただきます。 手術は保険適応になりますのが、部位や大きさ、数によって値段が異なりますのでご相談ください。

 

脂漏性角化症

 老人性イボともいわれ、加齢により出現し次第に増加してきます。いわゆる老人性のシミに近いものです。
小さいものでは液体窒素で出っ張りをなくしある程度平らにします。大きいものは麻酔後、炭酸ガスレーザーで皮膚を浅く
削ります(蒸散させます)

 

粉瘤(アテローマ)

 よく脂肪の塊と勘違いされる皮膚の“こぶ”です。皮下に袋(嚢)ができその中に「垢(あか)」が溜まってくるできものです。 垢が溜るにつれ次第に大きくなり、年1-2回化膿し激しく痛むことがありますので時間に余裕がとれたときに切除することを お勧めします。
治療はメスで袋ごと紡錘形(舟形)に切除し縫い合わせます。

 

皮膚癌

 一概に皮膚癌と言っても、いろいろな種類があります。湿疹や瘢痕(キズ)のように思われるものでもなかなか治らないものの中には癌のことがあります。 ちょっとでも怪しいな、心配だなと思ったらすぐに受診してください。熟練の専門医の診断が一番です。多くの皮膚癌が早期発見、早期治療(手術など)で治癒 できます。